私の住んでるまち加西をネットが変えてくれそうな、そんな予感がします。
さいさい通り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
最近の神戸新聞に、近くの三木市でレールの上も道路も走れるDMV(デュアル・モード・ビークル)って車の導入を検討中という記事が載ってました。そんなマンガみたいなことが・・・と思ったんですが、どうも北海道をはじめとして、各地で導入の動きがでているみたいです。

加西では北条鉄道という、全国でも珍しいレールバスの走るのどかな田園風景が満喫できるローカル線があります。新聞なんかを見てると、赤字続きで存続が危ぶまれているそうです。

DMV。もしかして、北条鉄道もこの車両で救えたりしないかな?と一瞬考えました。はじめて聞いたときのインパクトがすごかったですからね。ただ、いざ冷静に考えてみると、なにが便利なんだろう?と悩んでしまいました。

鉄道の特徴って、乗れる人の数と時間の正確さ。これに尽きると思います。レールバスは定員57人(立ち席含めると118人)、連結もできるから100人以上のお客さんを運べます。立ち席も含めると200人を超えます。そう考えると、鉄道の輸送能力ってすごい!と改めて感じます。

それに対してDMVは定員17名だそうです。残念ですが、まったくお話になりません。そもそも北条町駅からバスに変形しても行くところがないですし・・・。別の路線があって、そこに乗り入れるとかなら、まだ話はわからなくないんですが、そんな路線ないですし。他の未来を探す必要がありそうです。

以前テレビで消救車というのを見たことがありました。とても便利そうなんだけど、もし自分が来てもらうならば、中途半端な車じゃなくて、本物がいいな・・・と思ったりしました。

発想はおもしろいんですが、いいとこどりって何かと難しいですね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
>道も走れるレールバス
コメントポニー | URL | 2006-06-27-Tue 21:27 [EDIT]
北条鉄道では、最近レールバスは殆ど走っていません。
今走っているフラワ2000系列車は軽快気動車と呼ばれるモノで、バス部品を多用したフラワ1985系とは、ずいぶん異なります。
レールバスは2軸空気バネで乗り心地はいまいちでしたが、今の気動車は普通の列車と同じ4軸で乗り心地も良くなりました。
そういう意味では、レールバスはあまりいい印象はなく、今の気動車とは一緒にして貰いたくありませんね。
ちなみに私はレールバスで通学していた世代ですが…。
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 さいさい通り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。