私の住んでるまち加西をネットが変えてくれそうな、そんな予感がします。
さいさい通り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
加西にもついに携帯で見れるワンセグ放送がやってきました!

今までのアナログチューナー付き携帯を加西で使うと、画面にノイズが入って、色も白黒とカラーの間を行ったりきたりする感じでした。見れないことはないんですが・・・「とりあえず見れる」程度でした。

5/27日発売のワンセグ対応携帯、vodafoneの905SHがどれくらいキレイにテレビが映るんだろうと思ってvodafoneショップに見に行きました。感想は・・・すごいキレイです!普通に家で見てるテレビと同じ感じで見れます。

しかも、このケータイ、画面がクルッって回転するから、横長ワイドテレビとして見れるのですごく便利。ふむふむ、デザインも悪くないです。

ただ、問題は受信エリアと放送局数。加西では、まだNHKしかまともに入りませんでした。屋外なら見れるのかもしれないけど、店の中だと民放は全部ダメでした。

ケータイそのものはすごくいいんですが、実際に使い始めるには、エリアはまだもう少し広がってからにしたほうがいいかな・・・と思いました。

地デジのエリアはD-pa(地デジ放送推進協会)のサイトで確認できますよ。
地デジエリアマップ(加西)

それでも、ワンセグなんて加西にとっては何年も先の話・・・と思ってたら、もう始まっててびっくりでした。そういえば友達の家は地デジがもう映ってるって言ってたような気がします。

時代に乗り遅れそうですが、たぶん私はギリギリまでアナログ派のような気がします。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
森庵1

久しぶりにパンを買いに加西にあるパン処「森庵」に行ってきました。

ここのお店、庭や店内の雰囲気がすごく良くて大好きなんです。庭は芝生になっててブランコがあって、その向こう側はさえぎるものがない田園風景が広がってて、ホント最高のロケーションだと思います。

お店の中の窓も、すごくいい感じです。窓から見える緑がまぶしいですし、そこにおかれている動物の積み木がとってもカワイイ。
森庵2


今回買ったのは、おいしいと噂のコルネ。注文してからクリームを入れてもらえるので、生地がベタっとしてません。パイ生地かと思って食べたら、もっちり食感のパンみたい(パン屋さんなんだから当然ですね~)で、サクサクって言うより、しっとり食べ応えがありました。これはおいしいですね!

そうそう、森庵に来たら、必ず寄って行かないといけないのが、隣にある花のビニールハウス。ここがすごいんです!
森庵3

町の花屋さんでは揃えられないくらい、種類と数が豊富です。ココに来ると急に寄せ植えがしたくなります。よく考えると、森庵に来た時って、パン屋よりこっちのお花屋さんにいる時間の方が長いような気がします。

住所 加西市別府町甲1797-3
営業時間 7:00~18:00
定休日 木曜日
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
がいな製麺所

最近話題の「がいな製麺所」に行ってきました。本場讃岐の池上製麺所るみばあちゃんのもとで修行を積んだ兄ちゃんがやってらっしゃるそうで、テレビなどでもやってて、ずいぶん前から気になってたお店です。

場所はねひめの湯の北西、ほんと1~2分てとこです。行ったときは、倉庫を改装したお店の前にはひとだかりができてました。車は10台くらいは店の前に停められるかな。それでも足りないので、近くの日吉神社の周りに停めて歩いてきてる人もいました。

注文の仕方は最初ちょっと戸惑いました。店の前で待ってる人がいるけど、気にせずに中に入って、まずは注文。席が込み合ってるから、外で待つっていう感じです。支払いは食べた後にします。

そういえば讃岐うどんはゆで時間が6~8分くらいだったような気がします。出来上がる頃には席を立つお客さんがでてきて、椅子に座るとちょうどうどんが運ばれてきました。

頼んだのは「釜たま」。釜揚げうどんに生たまごを絡めます。おいしいです。次行ったときは、冷の生醤油うどんを頼もうと思ってます。あの、しっかりしたうどんの食感が楽しみです。

加西にもいいお店ができて、ほんとうれしいです。

場所は加西市野上町です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
しばらく表示がおかしかった、加西市つながりサイトを修正しました。

「加西」のキーワードがはいっているブログを探してきて、リスト表示してくれます。クリックすると、記事の概要が表示されるので、もっと詳しく読みたいと思ったら、その記事のブログにジャンプできます。

これ、BLOG360(ブログサンロクマル)っていうサービスを使っているんですが、「加西」っていうキーワードから、さらに今どんな記事が多く書かれているかとかが表示されるので、今の加西のニュースがギュッと凝縮されてる感じです。

うちでとってる新聞も地方版のページがありますが、このサービスを使えば。あたかもネット上で読める地方ニュースのような感じです。

今はブログ記事しかリストアップされませんが、ブログ以外の新聞に掲載されている記事が配信されるようになったら、今まで知らなかった加西のことが、もっとよく分かるのになぁ・・・と思ったりします。

今のところ、各新聞社から地方ごとのRSS配信はされてないようです。googleニュースでさえ、RSSは配信してませんので、ニュースの配信っていうのは、無料では難しいみたいです。

逆に、加西市民としては、それを誰かが発信してくれるのを受信するのではなくて、みんなで加西のニュースを集めて、それをRSSを使って全国に発信するっていうのが、今からの情報の在り方なんじゃないかなって思ったのでした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
加西市に関する情報ってどれくらいあるんでしょ?ふとそんなことを考えてみました。

加西市は5万人の方が住んでるわけですし、市外の方も観光やいろんなつながりで、加西の情報を流されてるはずですから、かなりの量になるんじゃないかと思います。

そんな情報をリアルタイムにキャッチできるように、サイドバーに「加西市つながりサイト」のリンクを作ってみました。記事の中に「加西市」っていう文字が入ってるサイトをいろんなところからかき集めてきます!

検索の対象はYahoo!やブログ検索サイトなどで、更新チェックされてる新着情報が自動的にリストアップされてきます。更新頻度は不定期ですが、1時間もすれば新しい記事がリストに追加される感じです。

このリスト表示はRSSだけを読んでいるわけではないので、ブログ以外にも普通のホームページも拾ってきます。ただ、見てる限りでは、本当に「今更新ほやほやのページ」だけかというと・・・ちょっと古いのが混じったりしますが、そのあたりはご愛嬌ですね。

思いがけない発見があったりして、結構たのしいくていい感じです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
与勇輝展

神戸新聞の一面に、毎日一作品ずつ載っている「与勇輝展」を見に明石市立文化博物館へでかけてきました。

与勇輝さんといえば、私の中では「ニングル」がでてきます。北海道に住む妖精チュチュの物語です。自然に溶け込んだ人形チュチュを主人公に、絵本のようなフォトストーリーで紡いであります。7年くらい前に友達に借りて読んだことがありました。

今回の作品展ではニングル以外にも、たくさんの人形たちに出会えました。

見てると、なんだか懐かしい気持ちになれる作品が多くあります。夕焼けや、縁日、お月さま。そんな背景に溶け込む作品ばかりです。

しぐさや指先の一本一本まで、すごく精巧にかつ自然な動きがつけられて作られています。ほんと今にも動き出しそうです。

ただ、どの人形たちも目が寂しそうです。つらいことをたくさん背負っているけど、表には出さないように・・・そんな表情です。だから余計に感情が入ってしまうのかなと思います。

人形たちを見てて、どこかで見た顔と雰囲気だなって感じたんですが、秘めた健気さと、表情の豊かさは宮崎アニメに何か共通する部分があるような気がします。

ほんと、見に行って良かったって思いました。

(明石市立文化博物館はココです。休みの日は駐車場がいっぱいで、停めるまでに少し時間がかかりました)
saisai

こんなに気持ちが引き込まれたのは、以前に見たことがある、藤城清治さんの影絵の時以来かな。

藤城清治さんの影絵は、光と影の鮮やかなコントラストがすごく綺麗なんですが、でもすこし寂しい感じのする作品が多いような気がします。

藤城清治さんの影絵

お二人の作品に共通することは、webの画面だとその良さの一部分しか伝わらないこと。本物はほんとに違いました。

そういえば、与勇輝さんのミュージアムが河口湖にあるらしいです。また、近くに行くことがあったら寄ってみたいなって思います。

河口湖ミューズ館~与勇輝館~
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 さいさい通り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。